オンラインBLSの資料をご用意しました。


 

オンラインBLSの参考資料をご活用ください。

お手持ちの人形や資機材の組み合わせで、すぐに実践できるオンラインBLSの資料をご用意しました。会議やセミナーが次々とオンラインでも行われるようになってきた今、心肺蘇生法の講習会はオンラインで行うことも可能です。

資料ダウンロードページ

 当資料内では、ブライデンを用いて、質の評価も行える形式を記載しております。しかし、仮にブライデンがなかったとしても、遠隔での講習会を開催することは可能です。

 

2種類の資料

資料は「受講者側」「指導者側」の2種類に分かれており、合わせてご覧いただくことがおすすめです。

受講者側の資料では、受講風景を指導者側に届けるデバイスごとに、その使用方法をまとめています。その風景の写真と合わせてまとめていますのでイメージを掴んでいただくことが可能です。

一方、指導者側の資料では、開催にあたっての手順と、質の評価のポイントを記載しています。

 

遠隔での質の評価

ブライデンを活用すれば、オンラインBLSは質の評価が行えます。ブライデンの視覚的なフィードバックは、場所を越えて遠隔地の指導者に胸骨圧迫の質を届けます。工夫次第では、対面の講習会に近い教育効果を得ることができます。

 

継続的なBLS教育

感染症の拡大防止に努めながらも、可能な範囲でBLS教育は続けていきたいものです。今後も定期的に対面での講習会を行うことができない時期が、やってくることが予想されます。

心肺蘇生教育におけるリスク回避として、オンラインBLSを検討をされてみるのもいかがでしょうか。

 

ブライデン 白色

ブライデン 赤色