感染症流行下での心肺蘇生法について


 

既に皆様ご存知かと思いますが、新型コロナウイルス感染症流行下での心肺蘇生法の実行において、「救急蘇生法の指針2015(市民用)」の追補が公表されております。

下記の要点と厚生労働省のページをご参照ください。

・エアロゾル感染を想定

 - 成人に対しては人工呼吸を行わない

       (小児に対しては技術があり、行う意志があれば行う)

    - 口周りに近づきすぎない(意識・呼吸の確認時)

 - 傷病者の鼻と口はタオル等で覆う

・処置の実行後は速やかに手洗いと消毒を行う。

 

予めこの指針を把握しておくことで、

感染症流行下の状況での突然の心停止に対して、

どのように動くか現場で迷うことがなくなります。

 

厚生労働省 重要なお知らせ

 (クリックすると、厚生労働省のページに移行します。)